トップイメージ

体がゆがむ原因その1【座る姿勢】

私たちの体がゆがむ原因は日常の何気ない姿勢や体の使い方の中にたくさんあります。例えば座り方や立っている姿勢、夜寝ている姿勢、利き腕の関係による体の使い方、仕事での姿勢や体勢等色々あります。ゆがむ原因を上げればきりがないですし、全てを気にしていたら生活が窮屈になってしまいます。今までの姿勢や体の使い方を完全に買える必要はないと思います。気付いた時に少しでも意識して頂き、30〜40%悪い姿勢を削減することから始めてみて下さい。その積み重ねがゆがみの予防になり、腰痛や頭痛の予防につながります。

では今回は座り方についてお話したいと思います。我々日本人は欧米人に比べ体がゆがみやすいと言われています。なぜか分かりますか?それは座り方にあります。欧米人は座る時イスやソファーに腰掛けますが、私たち日本人は畳・床に直接座ります。このイスの生活と床の生活の違いが大きなゆがみの差を作ります。畳や床に座る時、私たちはあぐらをかいたり、横座りをしたり、ぺちゃんこ座りをしてしまいますよね?これらの姿勢を長時間・長期間続けることにより骨盤がゆがんだり、股関節がねじれたり、背骨が曲がったりしてしまいます。

また座り方だけでなく座る位置も注意が必要です。例えばご家庭でテーブルに対して座る位置は大体決まってますよね。お父さんの座るところ、お母さんの座るところ、お子さんの座るところ、それぞれ定位置があると思います。その位置により体の使い方や姿勢も日常化してしまうものですから、それに応じたゆがみが発生しています。自分から見てテレビが左側にあった場合、首や腰が左にねじれている可能性が高くなります。また左肩を下にして横になりテレビを見る場合、首が右に傾く可能性が高くなります。このように何気ない生活の一コマでもゆがみはしっかり蓄積されているのです。

次にイスに腰掛けた時の注意点として、足を組んで座ることが挙げられます。イスに座った時に片方の足を反対側の足にのせ座っている人をよく見かけますよね。この姿勢も骨盤のゆがみを引き起こす原因の一つです。特に酷い場合、左右の足の長さが違ってきます。私たちの体は座り方一つでゆがむものと認識しなければなりません。日頃からの足組み・横座り・ぺちゃんこ座りは要注意です。その対策については後日紹介します。

HOME>健康コラム>体がゆがむ原因その1【座る姿勢】

予約・お問合せ先

TEL:022-265-8166
※当日予約可能
※電話は18:30まで
施術担当の院長
院長
院内風景
受付
受付 カウンセリングスペース カウンセリングスペース ベッドスペース ベッドスペース
Copyright(c) 2010 abe-seitai.jp, All Rights Reserved.
仙台で口コミ評判の整体院 仙台市青葉区本町2−1−7 022-265-8166
仙台広瀬通の閑静なオフィスビル本町奥田ビル6階。JR仙台駅・仙台市営地下鉄仙台駅より徒歩6分・仙台市営地下鉄広瀬通駅1分
仙台市青葉区・仙台市太白区・仙台市若林区・仙台市宮城野区・仙台市泉区など仙台市内はもとより県内外から来院頂いております。