トップイメージ

症例「ひざの痛み」

50代女性:膝痛で階段が辛い

3か月前から左膝の内側に痛みがあり、かばいながら仕事をしていたが2週間前より痛みが強くなり階段の上り下りが困難になる。何かいい方法ないかと思い、整形外科か当院か悩んだ末に来院されたそうです。この方は歩いている時と階段で痛みを強く感じるとのことで、実際に歩く姿を見ると痛そうにかばっているし、しゃがむ体勢をしてもらうと半分もしないで強い痛みがでました。70代の膝痛は時間が必要ですが、この位の齢であれば膝痛は得意なので調整は5分くらいで再度歩いてもらうと「さっきよりラクです!軽いです!」とのこと。また追加の調整をして今度はしがんでもらうと「え〜っ!痛くないです!不思議です!」と連発で終了。2回目来院時、職場の同僚に「昨日までと全然違うよ」と驚かれたことと、何年も前からひざがカックンと骨が動くことが常にあったらしいのですが、それも無くなったと報告いただきました。すでに痛みも無くなっていたの全体的にバランス調整をして終了としました。

50代女性:半月板損傷

3か月位前から左膝が痛くなり、だんだんと足全体に重苦しさが広がる。整形に行くと半月板の損傷ということで薬や注射・電気を2ヶ月程続けたそうですが、痛みは前より強くなりさらに腰の痛みと腰から足にかけてしびれるようになり当院へ来院。半月板ということですが足にしびれもあるのでひざだけではなく腰も入念にバランス調整すると、夜寝ている時の痛みがその日から気にならないレベルに改善。3回目までは膝の痛みは強いままでしたが、腰の痛みや足のしびれはほとんどなくなりました。5回目の調整後からひざの痛みも軽減され、合計10回程で完全に痛みはなくなりました。この方は半月板損傷ということですが、足もしびれるし腰も痛い状態でした。どのような病名や症状の方が来院されても私にできることは、より良いバランスにしてあげることです。体のゆがみがなくなることで、あちこち痛かった人が健康な体を取り戻しているのです。

50代女性:ひざの痛み

3か月前に道路で転倒し膝を打ち外科で数針縫うケガをする。抜糸後ひざに痛みはないものの膝が曲げられなくなり、正座が全くできない状態になる。当院へは病院で解決できずにお困りの方が大勢いらっしゃいますが、当院は病院ではないので症状に対する医療行為は一切行いません。私ができるのは病気を解消することではなく、ゆがみを直すことだけです。この方も太もものねじれ、ふくらはぎの緊張、膝関節のバランス調整でその場で正座ができるようになりました。ゆがみを直すことで問題解決される方も大勢いるのです。

※症例「ひざの痛み2」へ続く

HOME>症例実績>症例「ひざの痛み」

予約・お問合せ先

TEL:022-265-8166
※当日予約可能
※電話は18:30まで
施術を担当する院長
院長

上肢の症例
下肢の症例

院内風景
カウンセリングスペース カウンセリングスペース
主な適応した症状
適応症状:ひざの痛み
膝の痛み・半月板損傷
Copyright(c) 2010 abe-seitai.jp, All Rights Reserved.
仙台で口コミ評判の整体院 仙台市青葉区本町2−1−7 022-265-8166
仙台広瀬通の閑静なオフィスビル本町奥田ビル6階。JR仙台駅・仙台市営地下鉄仙台駅より徒歩6分・仙台市営地下鉄広瀬通駅1分
仙台市青葉区・仙台市太白区・仙台市若林区・仙台市宮城野区・仙台市泉区など仙台市内はもとより県内外から来院頂いております。