トップイメージ

股関節痛でお悩みの方へ

股関節の問題で来院される患者さんは圧倒的に女性の方で、先天性の脱臼や出産をきっかけに痛み出す方が多いです。先天性の脱臼や股関節の変形の方で手術しても痛みが変わらないという方もいますが、足首から骨盤までのバランスを改善すると生活に支障がないレベルまで回復することもあります。また今後手術が必要と宣告されている方でもバランスを良くすることで股関節にかかる負担を軽減し、関節を長持ちさせることは期待できます。その方の変形の度合いにもよりますが、土台となる腰から下の安定したバランスで毎日常に痛いというレベルからは解放される方が大勢いらっしゃいます。また産後の痛みについては、ほとんど仙骨の矯正で回復されます。産後の股関節痛や腰痛・頭痛などの問題には整体が良いと思います。股関節痛でお悩みの方、当院の整体術で健康な体を取り戻しましょう。

股関節痛の考察

股関節痛を骨格の歪みから考える

股関節は歌詞と体幹をつなぐ重要な関節であり、上半身のウエイトを支える非常に負担のかかるポイントでもあります。そして股関節は下肢の動きの基軸となるので、動く範囲や方向は骨盤の仙腸関節や腰の椎間関節に比べて大きく多方向に可動します。ゆえにゆがみも色々な方向にズレてしまうやっかいなところです。また股関節痛は骨盤のゆがみによっても引き起こされてしまいます。骨盤の寛骨と大腿骨の骨頭が股関節を形成するからです。

股関節痛の骨格整体

股関節痛で来院されている方に矯正するポイントです。

  1. @股関節(内旋・外旋・上方・下方・内外側方向等)
  2. A仙骨(仙骨底前方・仙骨底後方・側方方向等)
  3. B腸骨(前上方・後下方・内方・外方方向等)
  4. C肩関節(内旋・外旋・前方・後方・上方・下方方向等)
  5. D踵骨・腰椎・坐骨・恥骨結合・第11及び12肋骨等

股関節痛の骨格整体にプラスして

以下の筋膜も必要に応じて調整します。

  1. @梨状筋(起始=仙骨前方と坐骨・停止=大腿骨大転子)
  2. A大腿四頭筋(起始=下前腸骨稜と大腿骨大転子・停止=脛骨粗面)
  3. B大腿筋膜張筋(起始=腸骨稜前部・停止=脛骨外側ガーディ結節)
  4. C腰方形筋(起始=腸骨稜後面・停止=第12肋骨)
  5. D腸骨筋・大腰筋・大臀筋・中臀筋・小臀筋頭
HOME>院長あいさつ>股関節痛の方へ

予約・お問合せ先

TEL:022-265-8166
※当日予約可能
※電話は18:30まで
施術を担当する院長
院長

院長からのメッセージ

院内風景
受付
受付 カウンセリングスペース カウンセリングスペース ベッドスペース ベッドスペース
Copyright(c) 2010 abe-seitai.jp, All Rights Reserved.
仙台で口コミ評判の整体院 仙台市青葉区本町2−1−7 022-265-8166
仙台広瀬通の閑静なオフィスビル本町奥田ビル6階。JR仙台駅・仙台市営地下鉄仙台駅より徒歩6分・仙台市営地下鉄広瀬通駅1分
仙台市青葉区・仙台市太白区・仙台市若林区・仙台市宮城野区・仙台市泉区など仙台市内はもとより県内外から来院頂いております。