トップイメージ

症例「背中・胸部痛」

30代女性:背中から脇にかけての痛み

昨日の夜に背筋を伸ばそうとしたところ、背中にズキンと痛みが走り動くのも困難な状態になる。骨格のバランスを確認すると肩甲骨・肋骨がゆがんでいるのが分かりました。実際に体を動かしてもらうと左にねじった時と左に倒した時に痛むようです。左側への動作で痛むということは左へズレていると思って下さい。肩甲骨と肋骨の調整をすると動かした時の痛みは半分以下まで改善し、100%はとれていませんでしたがその差に喜んで頂けました。その場で痛みが軽減しても無理をすればまた悪くなるので、安静と3日後の来院をお願いしてその日は終了。2回目の時には痛めた時と比べて8割ぐらい痛みが減ったとのことで、この日の調整でおしまいとしました。この方は一つの動作で痛みが改善すると「おーっ!」「あっラク!」と反応の良い方でした。私もやっていて楽しいですし、こういう方は早く良くなるように思えます。

20代男性:首から背中にかけての痛み

3日前から左側の背中が痛くなり、かばいながら仕事をしていたが作業中にギクッとやってしまい激痛に。ギックリ腰とは言いますが場所的には腰よりは上なので、ギックリ背中と言ったところでしょうか。体をねじったり前に倒した時、深呼吸やせきをした時に痛みが走るそうです。この方は痛くて背を丸めている状態だったのでベッドにうつ伏せにするとかえって悪くなるタイプと判断し、まずはイスに座ったままで調整、次に仰向けでお腹にある背中のバランスを良くするポイントを攻めました。その場では2〜3割しか変化しませんでしたが、翌日には半減、翌々日にはさらに半分位まで楽になったそうです。2回目の来院時には大きく動かすと少し痛む程度に改善していました。ギクッとくる前に早めのバランス調整が大切です。

40代女性:背中全体が痛い

1年位前から背中のはりが気になり、次第に痛みに変わる。最近では腰や首までバリバリに固まったように感じ頭痛もある。1年間にわたり整形・接骨院・整体・はり・マッサージといろいろ通ったが効果なしとのこと。初回は全体的なバランスと首を集中して調整したところ、翌日から首は8割・腰は5割ほど軽減しました。背中の痛みは5・6回やっても若干の改善しかなかったので、自律神経の調整を追加してみました。すると期待通り「今までよりずっとラクです。」と変化を実感されました。自律神経の調整は基本的にはツボを使っていきます。これで改善しない時はメンタルコースでのフルセッションもあります。自律神経の乱れが改善を遅くすることもあります。

※症例「背中・胸部痛2」へ続く

HOME>症例実績>症例「背中・胸部痛」

予約・お問合せ先

TEL:022-265-8166
※当日予約可能
※電話は18:30まで
施術を担当する院長
院長

上肢の症例
下肢の症例

院内風景
受付 受付 カウンセリングスペース カウンセリングスペース
Copyright(c) 2010 abe-seitai.jp, All Rights Reserved.
仙台で口コミ評判の整体院 仙台市青葉区本町2−1−7 022-265-8166
仙台広瀬通の閑静なオフィスビル本町奥田ビル6階。JR仙台駅・仙台市営地下鉄仙台駅より徒歩6分・仙台市営地下鉄広瀬通駅1分
仙台市青葉区・仙台市太白区・仙台市若林区・仙台市宮城野区・仙台市泉区など仙台市内はもとより県内外から来院頂いております。