トップイメージ

頭痛・めまいでお悩みの方へ

長年の頭痛やめまい(ふらふらする・ふわふわする)でお悩みの方も多いと思います。 当院に来院される頭痛やめまいの患者さんのお話を聞くと最初は市販の頭痛薬、次に病院の薬、ダメなら注射、それでもダメなら1回の注射の本数が2〜6本と増えていき、まさに薬漬けになっている方が恐ろしいほど多いのです。当院では体のバランスを改善することで多くの喜びの声を頂いております。なぜなら病院で改善しない頭痛やめまい、原因不明とされた場合ゆがみである可能性が高いからです。よくあるパターンですが病院で首の骨が曲がっているから頭痛やめまいになるのだと言われ、シップを出されて終わるそうです。ゆがみが取れるシップなら“魔法のシップ”なのですが、やはりゆがみはきちんと整体をしなくてはなりません。首や頭部のバランスには肋骨や腕の関与も非常に大きいですし、背骨の土台となる骨盤のバランスも大切なのは言うまでもありません。首をけん引してもうまくいかないと言う人はしっかりとしたバランス調整が必要なのです。頭痛やめまいでお悩みの方はあべ整体の整体術を体験下さい。

頭痛やめまいの考察

頭痛やめまいを骨格のゆがみから考える

頭痛やめまいを引き起こす骨格のゆがみとして頭蓋骨・頚椎・鎖骨等のゆがみ・ズレがあります。まず頭蓋骨は単体で一つの骨と思われがちですが、実は23個の骨で形成されています。23個の骨があるということは背骨や骨盤と同じように頭蓋骨にもゆがみが発生するのです。そして頚椎の横突孔には椎骨動脈が走ります。この動脈は脳に血液を送る大事な動脈であり、頚椎のズレはダイレクトに血管に影響を与えます。また鎖骨も斜角筋や胸鎖乳突筋の付着部にあたり、鎖骨がズレルことで総頚動脈の血流を悪化させ頭痛を引き起こします。

頭痛やめまいのための骨格整体

当院では頭痛やめまいの原因となる骨格のゆがみを徹底的に矯正します。頭痛だからといって頭部だけではなく、体全体のバランスが頭部に及ぼす影響を考えてしっかり整体をします。なぜなら頭蓋骨のズレは背骨に、背骨のズレは骨盤に起因するからです。以下が実際に矯正するポイントです。

  1. @頭蓋骨・後頭骨(屈曲・伸展・回旋・側屈方向等正)
  2. A頭蓋骨・下顎骨(上方・下方・側方方向等)
  3. B頚椎(回旋・側屈・側方・上方・下方方向等)
  4. C鎖骨(上方・下方・内方・外方方向等)
  5. D第1肋骨・肩甲骨・肩関節・腰椎・骨盤等

頭痛やめまいの骨格整体にプラスして

頭痛調整の場合には必ず頭部の筋膜調整をおこないます。また必要に応じて以下の筋肉の筋膜を調整します。骨格のゆがみが大きかったり、長期に及んでいると骨に付着する筋肉の筋膜が硬化してしまい、それが矯正の妨げになるからです。

  1. @頭部の筋肉(前頭筋・後頭筋・側頭筋)
  2. A前中斜角筋(起始=第2〜7頚椎・停止=第1肋骨)
  3. B後斜角筋(起始=第5〜7頚椎・停止=第2肋骨)
  4. C大小後頭直筋(起始=第1〜2頚椎・停止=後頭骨)
  5. D上部僧帽筋(起始=後頭骨・停止=鎖骨外側)
HOME>院長あいさつ>頭痛・めまいの方へ

予約・お問合せ先

TEL:022-265-8166
※当日予約可能
※電話は18:30まで
施術を担当する院長
あべ整体の院長

院長からのメッセージ

院内風景
受付
受付 待合室 待合室 カウンセリングスペース カウンセリングスペース ベッドスペース ベッドスペース
Copyright(c) 2010 abe-seitai.jp, All Rights Reserved.
仙台で口コミ評判のあべ整体 仙台市青葉区本町2−1−7 022-265-8166
仙台広瀬通の閑静なオフィスビル本町奥田ビル6階。JR仙台駅・仙台市営地下鉄仙台駅より徒歩6分・仙台市営地下鉄広瀬通駅1分
仙台市青葉区・仙台市太白区・仙台市若林区・仙台市宮城野区・仙台市泉区など仙台市内はもとより県内外から来院頂いております。